支援系サイトに注意

これは逆援助交際サイトと内容が被ってしまうかもしれません。
あえて挙げたのは逆援助交際サイトというのはかなり減ってきています。
これは警察から摘発が入ったのかもしれません。

そりゃあそうです。
堂々と援助交際なんて書いていたら摘発が入るでしょう。
その代わりに出てきたのが支援系です。

といっても前みたいにトップページに堂々とお金あげますなんてことは言ってきません。
メッセージを入れてくるのですよね。
全てのメッセージが支援系だったり、普通のサクラと混ぜたりもします。

まあ内容は援助交際と変わらないですね。
ただ、肉体関係の見返りに金銭というのじゃありません。
業者も頭を使ってきているのですね。

いくつかパターンはあります。
これは援助交際の時とほぼ同じですがサクラがお金を譲りますといってくること。
肉体関係を結べばお金をあげます。

あとはもうすぐ死ぬので財産を譲りますってやつです。
もうすぐ死ぬ人が出会い系サイトを利用するって変ですよね?
普通に考えればおかしいとわかります。

そしてもうひとつが団体ですね
全世界支援機構とか、政府公認支援団体とか、大臣まで名乗ってくる人もいます。
しかもお金の額は半端ない。

20億円を非課税で譲りますと
共通しているのはそれを得るのに3000円分のポイント購入が必要だということ。
しかもそれだけで終わらずにどんどん金銭を要求してくるのです。

大金を得るのだから我慢・・・でも結局受け取れない。
そのせいか何十万、何百万ものお金を騙し取られる方がいるのです。
普通に考えばそんなお金をもらえるわけがないとわかるのですけどね。

そんなメッセージが届いたら無視。
そういうことしてくるサイトは悪徳サイトです。
まあスパムメールがほとんどなのでそういうメールは削除ですね。