デート商法

出会い系を利用しているとたまに悪質なユーザーというのがいますね。
特に神様系など肉体関係を結ぶ、もしくは一夜限りの関係の目的のサイトはやっかいなユーザーがいます。
それがお金目的のユーザーです。

前回挙げた美人局もそうなのですが今回は単独、もしくは組織ぐるみの犯行です。
もちろんエロ目的で登録しているユーザーを狙うのです。
それがデート商法ですね。

会えることは会えるのですね。
しかし、会ったたほうが大変。
ひとつのケースは売り子さんです。

特に宝石とか絵の売り子さんはやっかいです。
実際自分も引っかかりそうになったことがあります。
自分はエロ目的ではなかったのですけどね。

会ってみるとかなり綺麗でおしゃれな子でした。
デートをして寄りたいところがあると案内されます。
ホテル街の方へ行くのでまさか・・・と期待を寄せました。

すると・・・ジュエリーショップみたいなところに案内をされました。
そこで薦められました。
しかも、個室みたいなところに連れて行って帰れない雰囲気を作るのですね。

そして自分が買い渋っていると一旦その子は席を外してすると上司に怒られる声が聞こえました。
ノルマがどうのこうのとか・・・・
おそらくその上司もグルでしょう。

それに気がついた自分は今は持ち合わせがないのでまたといって帰りました。
その後その子は着信拒否、店の番号も調べて着信拒否にしました。
危なかったです。

もうひとつのデート商法は風俗ですね。
何度かデートを重ねて自分は風俗嬢だということを打ち明ける。
そして親が借金をして仕方なくやっていて指名が取れなくて首になりそうなので一回でいいから来て欲しいと

そしてその風俗店に行くと実はぼったくりだったという
ぼったくりじゃなくても自分の得意客を増やすために出会い系に登録している風俗嬢って多いのですよね。

堂々と風俗嬢ですと公開している人もいますし
一度関係を持ってしまえば情を持ってしまって泥沼に・・・
気をつけたほうがいいですね。